色の名前

本「色の名前」の表紙写真いつだったか、色の和名を知りたい、と書いたことがありました。そして、購入した本が角川書店から出版されている「色の名前」。

色の名前が和名、英名問わずに書かれていて、さらに色によっては中国名まで書かれています。その色がどのような色なのか、小さな丸い色見本がついていて、さらに色についての説明があります。
1ページあたり、1~3色書かれているのですが、その色にちなんだ写真もあります。巻末には色彩索引があり、色の辞典としても使えます。
しばらくこの本を見て、読んで、癒されそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みじかい命を抱きしめて

12歳で肉体年齢がおよそ80歳という難病、プロジェリア―早期老化症―にかかった女の子アシュリーちゃんのお母さんが自分の半生を描いた本です。
するするっと読めたのですが、読後、自分あるがままを受け入れる強さを持つアシュリーちゃんを育てることで、お母さん自身も成長していく様に色々と考えさせられました。感じるものは人様々だと思います。
ぜひ一度読んでみてください。心に残るものがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Christmas Carol

毎年クリスマス近くなると読みたくなる本があります。

チャールズ・ディケンズのクリスマス・キャロル。

私はクリスチャンではないのですが、人とは。ということをものすごく分かりやすい方法で教えてくれている本だと思うのです。毎年、この本を読んで、泣いて、優しい気持ちになることができます。

ちょっといま、マイナス思考になるよわよわモードに突入してしまったので、また本棚から出して、読んで浮上しようと思います。今回のよわよわモードは久々にきたものなので、いつもより強いのですが、浮上できるかしら。。。。とりあえず、暖かい気持ちになれることは間違いないでしょう。
早速今夜にでも本棚をあさろうと思います。

Merry Christmas!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Flower Arrangement | Wedding | その他 | ケーキ | パン | ビーズ | ペット | | 季節 | 岩手 | 料理 | 旅行 | |