盛岡の春

やっと盛岡にも春がきた、という実感がわいた週末。
カメラ片手に散策してみました。

盛岡は散歩が楽しい街です。

Neko
ちょっと歩いただけでこんな写真や、

Hachi
こんな写真が撮れたりしてしまいます。
街中に季節がある街です。

Sakura
そして、東北の春は華やかです。関東のように徐々に花が咲いて、少しずつ春を感じるのではなく、一気に春になります。関東では、想像できませんが、水仙と桜が一緒に咲くんです。

Kawa
川沿いにも春が来ていました。川沿いで気温が低いのでしょうか。街中よりも桜の咲き方が遅い気がします。

Hashi
橋の上には、岩手山を撮る方たちがチラホラ。通行の邪魔にならないように写真が撮れるスペースがあるのも嬉しくなります。

Rankan
写真を撮るスペースには、石川啄木の詩がありました。

Yama
橋から撮れるのはこんな岩手山。

私の周りにいる方たちは、石割桜が咲くと「春が来たね~」と言います。
その石割桜も見に行ってきました。

Sakura1
石割桜近く。ビルの谷間から見えた桜。花びらが舞って、その存在をアピールしてくれていたのに、道行く人は、石割桜を目指しているかのように、目を向けていませんでした。ちょっと桜がかわいそうになったり・・・。

En_ishiwari
この時期、石割桜のまわりはとてもにぎわっています。初めての方でも人だかりで場所の見当がつくくらいです。

Ishiwari

Ishiwari1
人の姿を写さずに石割桜の写真を撮りたければ、早朝しかない、と言われるくらい石割桜の周りには、人の姿が絶えません。
自然の強さを感じる桜です。

| | コメント (4)

釜石

先月から今月にかけて、岩手県沿岸でのお仕事がいくつかあります。
沿岸地域の中でも釜石に出張しておりましたので、そこの様子を。

Totyuu
公共交通機関を利用しての出張は車窓からの眺めも楽しむことができます。
ローカル線にゆられること盛岡から3時間。盛岡~東京間よりも遠いです。でも、駅弁を食べながら移動するのも楽しみのひとつでしょうか。

Kama
釜石につくとこのような景色が広がります。
海沿いの街なのに、山もすぐそばにあります。

Shika
そして、山が近くにあるからでしょうか。街中の川沿いでシカが草をはんでいました。
声をかけるとカメラ目線になってくれるのがニクいです。

Kama1

震災後1年以上が経っていますが、まだまだ復興は程遠いです。
街中にも使われていない建物がたくさんあります。

Kama2

画像があらいですが、電柱が傾いているのがわかるでしょうか。

Kama3

ブルーシートがかけられている建物の横では営業をしている居酒屋さんもありました。
ゆるやかながら少しずつ街が再建されているシルシでしょうか。

Kama4
以前に訪れたときには、がれきの山だったり、人の気配のない商店街だった場所もアーケードが撤去され、更地が増えていました。

Yokocho

道のりはまだまだ遠いけれど、そこで生活をしている方たちとふれあい、お話をすると私が元気をいただきます。

仮設住宅に住んでいる方もたくさんいらっしゃいます。
震災のその後のニュースが減っていく中、現在進行形で「震災後」と戦っていらっしゃる方たちのことを忘れずに、微力ながら、お手伝いができればいいな、と思います。

| | コメント (0)

復興未来行き

Miraiiki
岩手県沿岸を走る三陸鉄道を応援するための切符を職場の同僚から譲ってもらいました。

収益金は三陸鉄道に全額寄付されるそうです。

「諦めない限り有効」の言葉は、復興に向かってだけでなく、仕事に対する姿勢も通じるものがあって、職場のデスクに飾っています。

| | コメント (0)

6月の岩手

6月の上旬に1週間以上、青森県に出張しておりました。

チロの面倒はペットシッターさんにお願いしていたのですが、後半は盛岡のお祭りに合わせて母が面倒を見に、盛岡に来てくれました。

Chaguchagu
去年も書きましたが、6月の第2土曜日は「チャグチャグ馬コ」という盛岡のお祭りです。

この日は、毎年快晴だというジンクスもあります。

午前中はちょっと雲行きもあやしかったのですが、伯父夫婦と待ち合わせて、ランチをしている間に晴れました。

翌日は、八幡平にドライブ。

盛岡市内は、半袖でないと暑いくらいの天気だったのに、さすが高原。雪が残っています。

Hachimantai2

Hachimantai1

スキーヤーも最後の雪を楽しんでいるのでしょうか。かなりたくさんいました。

夏になると高原植物も楽しめる八幡平。
姪っ子が夏休みに遊びに来たら、連れて行こうと思います。

| | コメント (0)

冬の毛越寺

Motsuji1
先週、michelleさんご夫婦が遊びにいらしたときに、ちょっと足を伸ばして、平泉に観光に行ってきました。

実は、私も行きたかったのが、冬の毛越寺。
あまり朱塗りの建物は好きではないのですが、雪の中で見ると、それはそれで趣深いものでした。

そして見たかったのが、こちらの風景。

Motsuji2

実は、手前の白いところ、池なのです。

かなり寒かったのですが、足跡がついていない一面の銀世界は心が洗われるかのようで、とてもとてもいいものでした。

この後、中尊寺にも行ってみました。
中尊寺は、山の中に建てられたお寺で、冬は、凍った道を上っていきます。すべらないようにと気をつけながら参道を登っていたので、写真を撮るゆとりがありませんでした。

そして、撮影厳禁の金色堂。
子供の頃に見たことはありましたが、子供の頃の、単純な見方とは違い、細かい作りの素晴らしさや、人間の極楽浄土への思いなどを感じました。改めて、人間ってすごいなぁ、と。

盛岡から高速を使って1時間ほどの平泉。なかなか、1人で冬場に行ってみよう、とは思わない場所なだけに、寒い盛岡まで遊びに来てくださった、michelleさんご夫婦に感謝、です。

| | コメント (1)

雪あかり

2月11日から盛岡市の城跡公園にて「雪あかり」というイベントがありました。

この3連休は東京からmichelleさんご夫婦が遊びにいらしていて、この雪あかりも一緒に見物に。

Yuki1
会場は写真のような雪どうろうでデコレーションされています。中のキャンドルの明かりがゆらめいていて、とても幻想的なのです。

Sichifuku
ボケてしまっておりますが、会場には、氷で宝船を形作ったオブジェがあったり、

Tori
白鳥が飛翔しているオブジェもありました。

Ie
また、雪で作られた家やいろいろなオブジェもあり、寒かったのですが、なかなか楽しめました。家の中はとても暖かいのだとか(michelleさん談)。かまくらが暖かいのと同じなのでしょうね。

Message
会場にはメッセージキャンドルのコーナーもありました。紙コップにメッセージ(願い事?)を書いて中にキャンドルを入れて飾るのです。たくさんの想いがきらめいている星。みんなの願いがかないますように。。。

Yuki2
小高い所から見た雪灯籠は、とても幻想的で、あたたかい光を投げていました。本当は、もっと高いところから見たかったのですが、城の石垣の上では、NHKの「どんど晴れ」の撮影が行われていたらしく、立ち入り禁止でした。

とてもとても寒かったのですが、作った人たちの大変さや想いが伝わってくるような、そんな雪あかりを楽しむことができました。

| | コメント (2)

紫波滞在(9月4日)

盛岡郊外に住む伯父夫婦から「遊びにおいで」というお誘いがあり、チロと一緒に遊びに行ってきました。

Dashi
ちょうどお祭りだったらしく、伯父の家の前を山車が通っていました。
今年は、まだ真夏日が続いていますが、本来でしたら、このお祭りは秋祭りになるそうです。

そして、1戸建ての家デビューをしたチロ。
初めの30分ほどは探検をしていましたが、すぐに慣れ、階段を上り下りして遊んでいました。

Chiro0904

↑の写真は、階段から梁に飛び移って、くつろいでいるところです。

| | コメント (0)

宮古-青の洞窟

今日の盛岡は、雨が降りそうな曇り空でしたが、天気予報の「沿岸地方は曇り時々晴れ」を信じて宮古へ行くことに。

Umineko_2
宮古は雨がぱらつきはしましたが、晴れ間があり、絶好の海日和。
小学校のころに宮古に行ったことがありますが、私の中で、宮古はウミネコのイメージ。
そのイメージは崩れることなく、今日もウミネコはたくさんいました。
姪っ子たちは、まず、餌付けを楽しんで、宮古デビュー。

Doukutu1

そして、さっぱ船に乗って、海に繰り出し、「青の洞窟」を見に行ってきました。
私たちが乗ったさっぱ船は定員4人で、ボートの後ろにエンジンがついているようなイメージのものです。
それくらい小型でないと、青の洞窟にはいけません。
救命胴着にヘルメット着用が義務づけられています。

Doukutu2

一通り、海から宮古の浄土ヶ浜などを観光し、いよいよ青の洞窟へ。前方の穴の中に入っていくのです。

Doukutu3

洞窟の中は真っ暗。

Doukutu4
でも、後ろを振り返ると、透明度の高い水のせいで、まさに青の洞窟!!という景色がありました。
夕方には藍色になったりと表情を変えていくそうです。
何度か来て、いろいろな表情の青の洞窟を楽しんでみたい、と思いました。

この青の洞窟クルーズは11月まで楽しめます。
機会があったら、ぜひ挑戦してみてください。

| | コメント (5)

盛岡てづくり村

土曜日はあいにくの雨。
予定していた宮古は翌日に延期し、盛岡てづくり村に行ってきました。

このてづくり村、盛岡せんべいや盛岡冷麺、陶芸や、ちゃぐちゃぐ馬コなどを作って、楽しめる施設です。

Senbei1
盛岡せんべいは、生地をのばすところから始まります。

Senbei2

そして、せんべい型に生地とピーナツをセットしてもらい、火にあぶって、焼きます。

Senbei3_2

Senbei4
出来立てほやほやの盛岡せんべいは、アツアツでちょっとやわらかくて市販のものとは、また一味違って、美味しいのです。

Mayu1
今回は、夏休みで子供向けにいろいろな手作り教室も開催されていました。

Mayu2
菜摘は、まゆ玉を使って弟へお土産を作っていました。

| | コメント (0)

龍泉洞へ

12日は休みをとって龍泉洞に行ってきました。

龍泉洞の水は市民の飲み水になっているくらい、キレイで美味しいです。

Mizu01
姪の菜摘も「甘くておいし~い」と水を堪能。

Mizu02
近所の美涼もお水のおいしさを味わっていました。

そして、夏の龍泉洞はいいですね。すごく涼しくて気持ちがいいです。
ただ残念だったのは、お盆期間中はすれ違い通行ができないコース設定になっており、コースが短くなっていました。

Ryuusen1
去年の秋、岩手に来てすぐに観光に来たのが龍泉洞。
その時も水の青さに感動をしましたが、今回も水の透明さに感動。
この水を守っていかないといけないですよね。

Ryuusen2
菜摘と美涼を青い水の前で写真撮影してあげたくても、フラッシュをつけると、水は見えず。

Ryusen3
かなりブレブレな写真ですが、2人には、これで満足してもらうことにしましょう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Flower Arrangement | Wedding | その他 | ケーキ | パン | ビーズ | ペット | | 季節 | 岩手 | 料理 | 旅行 | |