« 2013年7月 | トップページ

新潟自転車観光(8月18日)

新潟は観光のしやすい街です。

観光地にはバスも本数多くありますし、何よりも放置自転車をレンタサイクルで再利用しており、いろいろな観光スポットで自転車を借りることができるのです。自転車は借りたところで返してもいいし、数あるレンタサイクルスポットで返却しても可。

そんなレンタサイクルでの観光をしたく、今日は1日自転車観光をしてきました。

私が借りたのは、新潟駅近くのスポット。レンタサイクルは3時間100円、あと1時間ごとに100円追加というリーズナブルなお値段です。

Kaidan
地下の自転車置き場から上りは右にあるベルトに自転車を乗せて運びます。

Jitensya
今日の私の相棒です。自転車置き場の自販機で、スポーツ飲料を買って、いざ出発!!

Michishirusi_2
新潟市の街中は歩道がかなり広く、自転車で走るスペースと歩行者が歩くスペースがしっかりと分けられています。

Michi
街中から脱出しても、青い自転車専用のレーンがあるところがありました。新潟市は自転車で走りやすい街です。

Kaibatsu
走っていると電柱にこんな看板が。新潟市はかなり低地らしく、私が働いている場所も海抜0メートルです。

Tonnel
そして、今日の自転車観光の目的のひとつ。新潟みなとトンネル。新潟市は、信濃川河口の三角州、新潟島というところに繁華街のひとつがあり、そこにいくには、川を渡らなくてはなりません。この新潟みなとトンネルは信濃川の河口下を走る道なのです。自転車と歩行者専用の道もあり、そこを走ってみたくてたまらなかったのです。

Tonnnerunaka
トンネルの中は、ひんやりと涼しく、トンネルを往復しているランナーがたくさんいました。川の下を走っているのですから、当然長い下り坂です。このあと、同じだけ登らないといけないのですよね~。

Kyoukai
新潟カトリック教会。

Saitoukeheya
新潟の三大財閥のひとつ。齋藤家の旧別邸。

Saitouke2kai
家と庭を一体に見せる手法をとっているらしく、2階のお部屋からは池を挟んで向こうにある築山が涼しげに見えます。

Saitoukeike
池にはコイだけではなく、亀がいました。池からあがりたいらしく、一生懸命、仕切りにのぼろうとする姿がかわいらしかったです。

Umi
そして、自転車観光の目的のふたつめ。日本海。自転車で海風を浴びながら海沿いのサイクリングロードを走る気分は最高でした。おかげで今日は日焼けをしてしまいましたが。

Niigatakenseikinenkan
新潟県政記念館。

Giinbeya
議員部屋。

Rokaki
イギリスの濾過器。議員さんたちは、明治後半に上水道ができるまで、この濾過器で水を濾して飲んでいたそうです。

Gijou1
議場。2階の傍聴席から見ています。

Gijou2
議場。1階から。後ろの席は、壇の上に置いてあり、高くなっております。

Shinanogawa
帰り通った信濃川。

合計4時間のサイクリングとなりましたが、充実した時間を過ごすことができました!
新潟市内のサイクリング、おすすめです。

| | コメント (0)

新潟観光(8月4日)

長岡花火の翌日、花火を見に来ていた母や姪っ子、伯母と新潟観光をしました。

新潟には由緒ある建物などが数多くあります。

旧第四銀行住吉町支店
これはそのひとつ。旧第四銀行住吉町支店。昭和2年に竣工され、2002年に現在の場所に移設されたのだとか。中は、見学スペースとレストランに分かれています。

銀行内の金庫
こんな重厚な金庫も残っていました。

新潟市歴史博物館

こちらは、景観に合わせて作られた新潟市歴史博物館。新潟では「柳都(りゅうと)」という言葉をよく見ます。昔お堀に沿って柳が植えられていたことから、その名があるのだとか。柳都の名の通り、柳の並木をよく見ます。

旧新潟税関庁舎
旧新潟税関庁舎。新潟が開港したのが、明治元年。その翌年に作られたのが、この税関です。明治の税関が残されているのは、新潟だけなのだそうです。

| | コメント (0)

長岡の花火大会2013

新潟に出張で来ていることをいいことに、長岡の花火大会に行ってきました。

もう、スゴイ!!!!の一言です。
片貝の花火大会も見たことがありますが、長岡は違った迫力があります。

14時前には車で長岡の会場付近にいたのですが、なかなか駐車場が見つからず、駐車場が見つかったのが15時過ぎ。1時間以上も周辺をうろついていました。

そして、いろいろな場所を検討した結果、かなり広い広場のある児童公園のようなところに場所を決め、飲み物・食料を確保してスタンバイ。

始まった花火がこれです。

Hanabi1

Hanabi2

Hanabi3
ほぼ無風状態の時間もあり、煙で花火が見えなくなってしまった時もあったのがちょっと残念ではありました。
花火師さんが丹精込めて作成した花火をすべて観賞したかったです。

Hanabi4

Hanabi5
こんなカラフルな花火もあるのですね。

Hanabi6
カラフルな花火も華やかだけど、私はこのようなシンプルな花火がやはり好きでした。
三尺玉なんて、大きいし、音は迫力あるし…。

Hanabi7

Hanabi8
横一列に何か所からも一度に花火が打ち上げられる時もありました。

Hanabi9

Hanabi10
初めは低く、そしてだんだん高く大きく花火が打ち上げられる様は圧巻、の一言です。

機会があったら、ぜひ足を運ぶことをお勧めしたい花火大会です。

長岡から抜け出すのに、3時間以上かかったのですが、それでも行く価値はあります!

| | コメント (2)

« 2013年7月 | トップページ